2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011.05.05 (Thu)

空に舞う人の心

ちょっとパソコンから離れてました

4月30日に妹のお姑母さんが他界しまして
昨日まで葬儀に関わっておりました

寂しいもんですねぇ~

人間というか、命あるものは必ず一度は逝くのですが
こんな時は特に生きているということを深く考えます

若い時は さほど思わなかったのですが
やはり年のせいなのでしょうね

生きることに いつ何時、どのような形で
ピリオドがうたれるのかわからないのが人生です



なにかの書物で読んだことがあります

余生とは

余った人生ではありませんよ!と。

与生であり、誉生であり、予生、預生でもあると。

それぞれが、良い意味であり、味わいのある言葉です

私は信心家ではなく宗教に凝ったりするタイプではないのですが
命ある人が逝く都度、いろいろ考えさせられます

妹のお姑母さんは
非常に周りに気を使い、竹を割ったような性格の方でした

大動脈瘤という爆弾をかかえた状態でも、毎日を悲しまず
ほんのささいな身の周りの出来事に楽しさを求められる方でした

自分の病気を嘆き悲しまず、諦めを落胆ととらず、あきらかにして
毎日を生き抜いた方でした

強い方でなく、女ながらに凛々しい方でした

私も毎日を、いえ今を どう生きようかと思ったときに
いろいろ考えるのです

凛々しく生きたいなぁ、楽しく生きたいなぁ と。

毎日、そう思ってはいません、すぐ忘れるのです(/ω\)

まぁ、私は根っからの暗い性格ではなく、電波な天然なので
さほど問題は無いのですが(o^^o)♪

でも、なに事かの折に きちんと思い出させてくれます
不思議に有りがたい事です


今日は5月5日 

端午の節句! こどもの日

青空に大きくたなびくこいのぼり

どうぞ妹のお姑母さん
安らかに この新緑の大空からみんなを見守ってください

                                   合掌

0-koinoborix.jpg



スポンサーサイト
12:43  |  出来事  |  コメント(0)
 | HOME |