2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011.05.19 (Thu)

竹の花は咲いたのでしょうか

妹宅に行きました

この日は、妹と一日過ごした訳なのですが
手土産で持参した 天草 の作り方を教えながら
大鍋で300g煮詰めて ところてん を作り
固まるまでに 妹の用事で 大多喜から鴨川へ出向きました

0-tokorotennx.jpg



大多喜から山間を抜けて、岩高山?とか言う、クネクネとカーブの多い
山道を下り 小湊という海側に出ました

おぇー( ̄~ ̄;) 車酔い状態になりそうな クネクネカーブでした

潮のひく時間だったのか 岩肌の出た房総の海を見ながら鴨川へ出ました

用足しを済ませてから 又、同じ道を戻り そして鶴舞へ・・


我が家は海沿いですが、妹宅は  筍の里大多喜のブランド筍がある地区です
なので、野山の旬は そちらからのお裾分けが多いのです♪

しかし、今年は例年に無く 筍の出が悪いと聞いておりました

なるほど…

見渡す山間の竹林は この時期は青々とした状態のはず…が、竹が黄色です

秋さながらの状態です

枯れてます

ドイツ村に行く途中の竹林も 枯れていました(/ω\)

0-take1x.jpg

これだもの、筍は 出が悪いですワ

99・・いや100%と言っても良いと思います、枯れてます

0-take2x.jpg

この笹葉は まだ良い方で、酷い笹は 竹自体が薄茶色でした

昨年の猛暑のせいなのかな・・寿命なのかな~ と調べてみましたら
このようなことが書かれてありました…

『竹という植物は、一説によると六十年に一度開花するといわれているが、

 実際には百二十年前後に一度、花を咲かせる。

 開花後、その竹林は枯死してしまい、再生するには多くの年月を必要とする。

 一本一本の竹の寿命は十年前後でありながら、集団で竹林としても生きる、

 木とは違う不思議な植物が竹である。

 竹の花が咲くと世の中に異変が起きるといわれている。』

…((((;TДT))) びっくりしました…驚きです(/ω\)

竹の花は咲いたのでしょうか!

しかしながら自然の中で生かされている小さな人間には
どうすることも出来ません

有るがままを受け入れて 生きていかなければならないのですね

そう思うと、今を大切に元気でいられることに感謝しなければ
いけませんよね

物事を良い方に考えていかねば、人間をやってられないときもあります

それが生きてるってことなんだそうですよね



…さて、気を取り直して(o^^o)

妹とお手製のところ天ではなく、黒蜜をかけて葛きり風にして
食べました

「 うん!♪ おいしい~!♪ 」

0-tokorotenn2x.jpg


スポンサーサイト
19:07  |  お出かけ  |  コメント(3)
 | HOME |